2017年9月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ

Archive for the ‘フットサル’ Category

PostHeaderIcon 選手が出血した時の対応について

とっきーさんからの質問がありましたらので情報を共有したいと思います
質問内容は

1.少年サッカーの場合ユニフォームの替え等はないことがほとんどです。
  ユニフォームに血がついてしまっている場合どのように対処すればよろしいでしょうか?
2.フィールド外へ出す出血とはどの程度でしょうか?
  鼻血や流血であればもちろんでしょうが擦り傷で血がにじんでいる場合も手当ての対象になりますか?


1番目の回答は、競技規則「第5条 主審」の項目の負傷の部分に記載があります。

出血した競技者を確実にフィールドから離れさせる。その競技者は、止血および用具に血が付着していないことを十分に確認された後、主審の合図を受けてからのみ復帰できる。

この中の「用具に血が付着していないこと」の部分の対応方法の質問になりますね。

実際の試合中では、タオル等をユニフォームの裏に当てて、表から濡れたティッシュ等で叩いて、いわゆる「シミ抜き」のような作業をして、見た目が判らないようになったらOKでしょう。
出血後、すぐに作業をすれば、真っ白のユニフォームでも意外と綺麗になります。
チームで指導者をやっている人なら、このあたりの対処法は当然心得てると思うので、審判としては、ほかの選手のプレーに影響が出ないように、血が付着していない事を十分に確認してから戻ることを承認しましょう!

2番目の回答としては、主審の判断です。
擦り傷程度なら問題ないでしょう。でも、切り傷になっていて傷口パックリのような状態で出血が止まらない場合は、止血の手当てが必要ですね。

血が「たらっ」「ぽたっ」といった状態なら、まずはフィールドの外へ。
血がユニフォームに付かないように声掛けしながら誘導してあげると、その後の対処もスムーズです。

PostHeaderIcon キーパーへのバックパス

かっつーさんからの質問内容(もう一つ)

フットサルとサッカーにおけるキーパーへのバックパスですが、競技規則では、「意図的にキーパーへパスした場合」とありますが、下記2項目はバックパスとなるのでしょうか。
1.キッカーは意図的にキーパーへパスしたのではなく、パスミスにより、キーパーへきたボール
2.キッカーは意図的にキーパーへパスしたのではなく、ボールの受け手が、機転をきかせて、スルーしたボールがキーパーへきたボール

回答ですが
ご質問の「バックパス」は、バックパスと判断するとファウルになる状況であるとして話を進めます。
(単にGKへのパスと同意では無いことに注意してください。)

1番の場合は、主審が「意図的ではなく」と判断していればバックパスではありません。
(パスしようと思い蹴ろうとしたらミスしてスピンがかかりGKの方向に転がった場合などを想定)

2番目は微妙ですね(ケースバイケースです)
もし味方ハーフ内でのプレーであればバックパスであると私なら判断します。
なぜなら
競技規則には、「意図的にゴールキーパーに向けてプレーされた」という記載もあり、パスをスルーした選手は意図的にGKへ向けてプレーしたとも判断できるのと
「結果的に」味方競技者のプレーしたボールをGKが処理したからです。

3級審判更新の時に言われた内容でファウルは「結果的に」も含まれると指導を受けました。
競技者本人はそのつもりが無くても「結果的に」相手競技者を蹴ってしまった、倒してしまった、それも「過剰な力で」
これは全てファールと判断して良いでしょう。

2番目の場合も、結果的に味方競技者のパスをキーパーが処理した場合は、バックパスを適用することになります。

例えば、ピッチの端から反対側の端の味方競技者にパスを出したとき、キーパーが出てきてボールを処理した場合。
最初にパスを出した選手はキーパーに意図的にパスをしていませんが結果的にはキーパーへのパスになりました。
これはキーパーのミスですがバックパスが適用となりますよね。

2番目の場合も最終的には主審の判断ですので、試合の流れなどを総合的に考え、選手達や応援している人達が納得できるような判断をして頂ければ良いと思います。

PostHeaderIcon コーナーキック時に軸足がピッチ内に入った

かっつーさんからの質問がありましたらので情報を共有したいと思います
質問内容は

「先日のフットサル大会において、コーナーキック時に軸足がピッチ内に入ったとして、ゴールクリアンスとしていました。 競技規則には、コーナーキック時の足位置については、何も記載されていません。 3級審判員だったと思いますが、ファールになるのでしょうか。」

回答ですが、ファールでは無いと思います。

競技規則では、コーナーキックの進め方について要約すると 
1.ボールをコーナーアーク内に置く
  (ラインにボールが一部でも重なっていればOK)
2.攻撃側競技者がボールを蹴って、ボールが移動したらインプレー
  (ボールがコーナーアークを出なくても良い)

ですので、足の位置は関係ありません。

昨年大幅に改訂となったサッカーの競技規則においては
「ボールがあきらかに移動」と明記されました。
これは、コーナーキック時のトリックプレーに対する記載変更と聞いています。
フィールド内から攻撃側の選手がボールに近づき、相手に判らないように足でボールを「チョン」と蹴って、そのままフィールドに戻っていき、守備側の選手がこの選手に気を取られている瞬間、コーナーキックをする位置にいた選手がボールをドリブルでゴールへ向かいシュート。
しかし、このプレーではボールが蹴られて移動したのかはっきり判らないケースが多いため、審判から見ても「あきらかに」移動した場合とする表記となったようです。
そして、この「あきらかに」はフリーキックやその他の再開時のキックに全て明記されました。
フットサルの競技規則には、まだ記載ありませんが、そのうち記載されるでしょう。

PostHeaderIcon キックインで足を乗せるだけの選手に注意

フットサルにおけるキックインの時
キックインをする選手がボールの上に足を乗せて、少しピッチ内へ転がしてピッチ内の味方選手がシュートを打つ。
チームによってはかなり積極的にこのプレーを実施するチームがあります。

競技規則によれば、キックインの進め方は

ボールをけって、ピッチ内に入れる。

足を乗せて転がすことが「ボールを蹴っている」と見なすかどうかという論点もありますが、これも一応OKとした上で、
「乗せただけで離した場合はキックと見なさない」
ということに注意しましょう。

つまり、
足を乗せて、すぐに足を上げて味方選手がピッチ内からキックした場合は、正しいキックインとは見なさずファイルとして相手チームによるキックインで再開
になります。

さらに、
タッチライン上にボールをセットして、足を乗せてから前後にボールを転がした場合は、ボールが後ろに転がった時点で「2度蹴り」の違反となり相手チームによる間接フリーキックで再開
になります。

基本として、
ボールを手でセットしてピッチ内へ蹴るように指導して頂きたいですね!
このような戦術というかプレーをするのはアマチュアだけで、プロの選手はやりません。

PostHeaderIcon ペナルティーエリア内でのゴールキーパーからのパス

前回の質問に対する回答で明記していませんでしたね!
再質問ありました。


キーパーがキャッチ後のパスはインプレー中ですのでペナルティエリア内への選手へ対してでも可能でしょうか。


ペナルティーエリア内での味方選手へのパスは可能です。
問題ありません。
さらには、相手選手によるエリア内でのインターセプトも可能です。

ちなみに、
もし、間違って(勘違いをして)主審が笛を吹いてしまった場合、どうしたら良いでしょうか?
誤ってプレーを止めてしまったら、その場所からのドロップボールによる再開です。
気をつけましょう!
(・・・過去の経験を思い出して・・・念のため追記しました・・・)

PostHeaderIcon 審判はキックインの時にクイックスタートを邪魔しないこと

先日、ある大会で気になる審判がいました。
その審判の方は次のような動作を毎回実施していました。

ボールがタッチラインを越えてキックインによる再開となった時。

1.ボールが出た場所に立って「ここから」と足元を両手で指して選手に伝える
2.その場所から一歩ピッチ内に入って相手選手に向かって「4m離れよう」と声をかける
3.キックインをする選手がボールをセットして始めようとしている
4.その審判は「4m離れよう」と言ってまだピッチ内に踏み込んでいる

この時、キックインをしようとしている選手が「近い、近い」と言っているなら、まだ良しと出来る場面かもしれませんが、どう思いますか?

ここで私が問題だと感じるのは、
「キックイン時のクイックスタートを審判が邪魔をしている」
ように見える点です。

相手選手が近くてもクイックスタートをすることでチャンスが生まれる試合展開は多々ありますので、これを審判が邪魔をしてはいけません。

フリーキックの時も同様です。
壁を下げるためにピッチに入るのは、キックする側の選手から要請があって初めてピッチに入ります。
(ピッチに入る時は必ず笛の合図で入りましょう、再開時の笛の合図も忘れないこと!)

「4m離す」ことよりも「クイックスタートの機会」を大切にしましょう!

PostHeaderIcon フットサル競技規則2016/2017が届きました

フットサルの競技規則が送られてきましたので確認したところ
日本サッカー協会のWEBに新しいフットサルの競技規則のPDF版が掲載されていました。
jfaf201617

サッカーの競技規則が大幅に改訂されたのでフットサルも準拠するのかと思っていましたが
フットサルは今回、特にルール変更は無いようです。

キックオフも従来どおりの記載です。

ボールは、けられて前方に移動したときインプレーとなる。

皆さん、お間違えのないように!

PostHeaderIcon キックインの時の距離を上手に離す

フットサルにおいてキックインの時は、
相手選手は4m(一般は5m)離れなければなりません。

この時、審判はキックインの出来る状態に入ったら4秒カウントに入ることが必要ですが
相手選手が近い時は、4m離れるように促します。
「4m離れよう!」

4級審判の方が最初に悩むのが
4秒カウントが先か
選手を離すことが先か

ボールが出て、キックインで再開するまでの基本的な審判の動作は次の通りです。

  1. ボールが出たら、まずピッチに面して立ち、再開の方向を合図する。
  2. キックインする位置から攻める方向の後方5m位の位置に移動し立つ。
  3. 選手がキックインを出来る状態になったら4秒カウントを開始する。

この1~3だけの動作で十分な時もありますが、
キックインする選手がボールをセットする際に「近い、近い」と言うケースがありませんか?
そして、味方の選手がピッチ内からボール目がけて走りこんで来てキックする。

この時、「近い、近い」とキックインする選手が言ったので、
審判が相手選手を離すために「4m離れようね」と近寄っていった途端にキックイン。
選手が一斉に近寄って来て、審判もピッチ内に居たりした経験ありませんか?
心の中で「何だよ、近いんじゃなかったのかよ」と思ったりして
慌てて戻ったりとドタバタしてしまった経験ありませんか?

試合時間の短い4種のフットサルの試合においては
審判は一連の動作を無駄のないレフェリングで試合を進行することが必要です。

そこで

キックイン時の審判の動作は、こうなります。

  1. ボールが出たら、まずピッチに面して立ち、再開の方向を合図する。
  2. キックインする位置から攻める方向の後方5m位の位置に移動しつつ
    相手選手にボールから4m離れるように声がけ、手で合図をします。
  3. 選手がキックインを出来る状態になったら4秒カウントを開始する。

もし、これでも相手選手が近くにいるか、もしくは戦略的に「近い、近い」という
声をキックインの選手が発するならば、

  • 本当に近くに選手がいるなら「ピ、ピッ」と笛で止めてから選手を離すためピッチ内へ
    この時、当然、再開時にも笛が必要です。
    勝手にキックインしたら止めてやり直しさせましょう。
  • 既に離れているのに戦略的に「近い、近い」と言ってると判断するなら
    「カウント入ってるよ~」と言って4秒カウントを継続します。

なお、審判が離れるように言った選手が再び近寄って来て4mより近づいてきた時はイエローカードです。

※文書内の距離等は4種向けの説明です。

PostHeaderIcon フットサル3級(F3)更新講習を受講

フットサル3級(F3)の更新講習は今回で2回目です。

サッカーの更新講習と違い毎回参加者に対して質問があります。
3級審判員は競技規則をしっかりと覚えていないといけないので、
ただならぬ緊張感があります。(私だけかも・・・・)
今回、認識不十分であえなく撃沈してしまいました。
(間違えてしまった点はしっかり復習し今は完璧です。)

今回の更新講習でJFAからの通達事項の説明がありました。
これはJFAのWEBや新しい競技規則には記載が無いものです。


パワープレー時の副審の役割

  1. 第3審判はパワープレーが始まったら実施しているチームの
    ペナルティーエリアライン横へ移動する。
  2. ロングシュートによるゴールインに対応し確実に確認する。
  3. 主審または第2審判から確認を求められた場合にのみ援助(回答)する。
    (あくまで第3審判なのでゴールインのシグナルはしません。)
  4. この時、選手交代等はタイムキーパーが実施することになります。

私が主に担当する4種の試合では見たことはありませんが、大学やFリーグの試合などではパワープレーを仕掛けたチームの無人のゴールへシュートなんて事が良くあるので、微妙なシュートだった場合に対応するために必要なんでしょうね。

さらに講習会では、実際の試合を撮影した映像を見て「この場合は自分ならどう判断するか」
などのディスカッションがあり、大変勉強になりましたので後日記載します。

PostHeaderIcon バーモントカップ第25回全日本少年フットサル大会北海道予選札幌ブロック大会は

バーモントカップ第25回全日本少年フットサル大会の北海道予選・札幌ブロック大会の開催要項が北海道サッカー協会のホームページに掲載されていました。

それによると
————————————————————————-
 札幌ブロック大会 2015年6月14日(日)・21日(日)
 北海道大会    2015年7月11日(土)~12日(日)
————————————————————————-
さすがに北海道もGWを過ぎると外サッカーが主になるので、微妙の感じですね!

あとフットサルの3級審判を昨年頑張って取得したのですが、
開催要項の帯同審判の資格を見ると・・・・

札幌ブロック大会は4級以上
北海道大会は2級以上

「って、おい!」

3級審判の立場は・・・・・

知ってはいましたが、やはり日程変わったくらいではここは変わりませんでしたね(笑)

ユニフォーム
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
kamo
サッカーショップ加茂
UNION
amazon A8
Sports navi
Decathlon
Decathlon/デカトロン日本公式サイト
google


 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.