2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
アーカイブ
google

PostHeaderIcon キックインで足を乗せるだけの選手に注意


フットサルにおけるキックインの時
キックインをする選手がボールの上に足を乗せて、少しピッチ内へ転がしてピッチ内の味方選手がシュートを打つ。
チームによってはかなり積極的にこのプレーを実施するチームがあります。

競技規則によれば、キックインの進め方は

ボールをけって、ピッチ内に入れる。

足を乗せて転がすことが「ボールを蹴っている」と見なすかどうかという論点もありますが、これも一応OKとした上で、
「乗せただけで離した場合はキックと見なさない」
ということに注意しましょう。

つまり、
足を乗せて、すぐに足を上げて味方選手がピッチ内からキックした場合は、正しいキックインとは見なさずファイルとして相手チームによるキックインで再開
になります。

さらに、
タッチライン上にボールをセットして、足を乗せてから前後にボールを転がした場合は、ボールが後ろに転がった時点で「2度蹴り」の違反となり相手チームによる間接フリーキックで再開
になります。

基本として、
ボールを手でセットしてピッチ内へ蹴るように指導して頂きたいですね!
このような戦術というかプレーをするのはアマチュアだけで、プロの選手はやりません。

4 Responses to “キックインで足を乗せるだけの選手に注意”

  • ニョッキ says:

    はじめまして!
    いつも楽しく読ませてもらってます。

    ???と思った事があるので質問します。
    「フットサルのキックインの事ですが、ライン上にボールを置き前後に転がした場合は…」

    足から離れていないのでインプレーではないのではないですか?蹴られていないので2度蹴りに当たらないと思うんですが…

    そんな事していたら4秒たってしまうので相手ボールからのキックインに変わる方がスムーズじゃないですか?

    • referee says:

      ニョッキ様
      ご質問の件について回答します

      キックインの時にボールに足を乗せてぐりぐりする小学生は結構多いですよね。

      昇級試験のときにインストラクターから指導頂いたのですが、
      全てのプレーにおいてインプレーになる瞬間はどこなのかを理解することがとても重要
      との事でした。

      競技規則では

      ボールは、ピッチに入ったときにインプレーとなる

      つまり、ボールがピッチに入った時をどの時点で判断するかです。

      ラインから離れた位置にボールを置いて足を乗せた場合、
      ぐりぐりするのはOKです。
      ボールがピッチ内に入っていないのでインプレーになっていません。
      もし、ぐりぐりしてラインにボールが触れたらインプレーとなります。
      (ラインはピッチ内の一部です)
      そこから外に出したら当然アウトオブプレーなので相手チームによるキックインです。

      ライン上にボールを置いて足を乗せた場合は、
      動いた時点でインプレーと判断します。
      したがって、相手競技者はボール動いた時点で近づいて良い事になります。
      足が離れたかどうかはインプレーになったかどうかの判断に関係がありません。

      そして、一度動いてインプレーになったボールの方向が同じ競技者によって変えられた場合は2つ目のプレーと判断します。
      (プレーしない限りボールの方向は基本的に変わらないはずなので)
      よって、ライン上で足をボールに乗せて前後にぐりぐりした場合は二度蹴りと判断しファールとなります。
      (ここでも足が離れたかどうかという判断基準はありません。)

      現時点で審判委員会の判断はこのようになっています。

      私見ですが小学生年代では、手でボールをセットし足で蹴り入れるという基本プレーを大事にしてもらいたいのですね。
      相手競技者は必ず離れて味方競技者にパスが出せるルールなのですから・・・・。

      • ニョッキ says:

        回答ありがとうございます。

        回答の定義で行うと足を乗せ1ミリでも動けばインプレーという事ですよね?

        アウトオブプレーからインプレーになるのには蹴られてピッチ内に入る事ですが、元々ラインもピッチ内と言うのはインプレーの時であってアウトオブプレーからの再開時はラインを超えて始めてインプレーだと思います。
        なぜかと言うとライン上にボールを置いた時点でピッチの中はおかしいからです。
        それでは
        何故ピッチ内からキックインを行うのか?
        何故ライン上に軸足が残っていればいいのか?
        それはライン上はアウトオブプレーからの再開ではピッチ内と言う判断ではないからじゃないでしょうか。
        もちろん蹴られてもラインを超えなければインプレーではありません。

        足を乗せてグリグリする選手は見た事ないですが、動けばインプレーなら相手選手が動いたと判断したら奪いに行っていいわけでそれを明確に審判員として判断できるのですか?

        蹴るというのはどういう状態の事かを明確にしないと選手、観客が混乱しませんか?
        足を離したかどうかは判断の基準ではないとありますが、蹴った状態は足からボールが離れる事ではないですか?
        ライン上に足を乗せただけで動いてなくてもインプレーになるって事になりませんか?

        近すぎた相手選手が離れている時にも少しでもボールが動けば相手の間接フリーキックになるって事も起こりますよね。
        もちろんフリーキック、コーナキック、ペナルティーキックでも同じですよね。

        サッカーでも同じ事になりますよね。
        スローインの時に投げ損ねて手から離さないでフィールド内にボールが入ればハンドという事になりますよね。
        ボールを取りに行った選手がフィールドの外から、フィールド内から投げに来た選手に投げ渡すと正しくスローインされなかった事で相手のボールになりませんか。

        競技規則を厳密にするとおっしゃっていうのも分かりますが、コモンセンスの面からみるとおかしな事ばかりに感じます。

        • referee says:

          2回目の質問は、
          競技規則を厳密に施行するとコモンセンスの面からみるとおかしな事ばかりに感じるというご意見を頂戴したように思いますが
          それは、ここで言われても困ります。
          一緒に活動している審判員の方と議論して、貴殿の地域でのサッカー審判法の常識(コモンセンス)を共有してください。

          なお、明らかに間違った認識の部分は回答させて頂きます。

          1.1mmでも動けばインプレー

          こういう質問はナンセンスです。
          実際、あなたが審判をしていて1mm動いたかどうかを判断できるのでしょうか?
          ただ、こういう事を言う人がいるため、サッカーの新しい競技規則では「明らかに動いた」という表現に変わりました。
          フットサルの競技規則は、まだ変更されていませんが、追って変更になると思いますよ。

          2.ライン上はアウトオブプレーからの再開ではピッチ内と言う判断ではないから

          しっかりと競技規則の第1章を読んでください。
            
          競技規則より
          ピッチは長方形で、ラインでマークしなければならない。
          エリアの境界線を示すラインはそのエリアの一部であり・・・
            
          私の活動している札幌エリアのフットサル審判委員会では、ボールの上に足を乗せてリスタートすることを止めるように周知しています。
          足を乗せて前に転がすことを「蹴る」と判断するのか?
          足を乗せただけでもボールは少し動くので、それを移動したと見なすのか?
          など、人によって解釈に違いが生まれやすいプレーです。

          あなたの言うコモンセンスとは、御自身の常識(コモンセンス)ですか?
          あなたと一緒に活動する皆さんが同じ常識で活動されていますか?
          その常識は競技規則に準じていますか?

          競技規則の解釈には、読む人によって個人差がどうしても生まれると思います。
          元選手、現役選手、指導者、サッカー経験の無い人、など
          でも、選手や応援する人から見れば、どれも同じ審判員です。
          審判員は競技規則を厳密に守りながら、選手達の安全を保ち、試合をする人も応援する人も楽しく見てもらえるようにしなければいけないと考えます。

          ご質問の後半、少し屁理屈のように感じる質問がありますが
          競技規則を順守した上で、全ては主審の判断になります。

ユニフォーム
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
kamo
サッカーショップ加茂
UNION
amazon A8
Sports navi
Decathlon
Decathlon/デカトロン日本公式サイト

 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.