2017年7月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
アーカイブ
google

PostHeaderIcon 選手が出血した時の対応について

とっきーさんからの質問がありましたらので情報を共有したいと思います
質問内容は

1.少年サッカーの場合ユニフォームの替え等はないことがほとんどです。
  ユニフォームに血がついてしまっている場合どのように対処すればよろしいでしょうか?
2.フィールド外へ出す出血とはどの程度でしょうか?
  鼻血や流血であればもちろんでしょうが擦り傷で血がにじんでいる場合も手当ての対象になりますか?


1番目の回答は、競技規則「第5条 主審」の項目の負傷の部分に記載があります。

出血した競技者を確実にフィールドから離れさせる。その競技者は、止血および用具に血が付着していないことを十分に確認された後、主審の合図を受けてからのみ復帰できる。

この中の「用具に血が付着していないこと」の部分の対応方法の質問になりますね。

実際の試合中では、タオル等をユニフォームの裏に当てて、表から濡れたティッシュ等で叩いて、いわゆる「シミ抜き」のような作業をして、見た目が判らないようになったらOKでしょう。
出血後、すぐに作業をすれば、真っ白のユニフォームでも意外と綺麗になります。
チームで指導者をやっている人なら、このあたりの対処法は当然心得てると思うので、審判としては、ほかの選手のプレーに影響が出ないように、血が付着していない事を十分に確認してから戻ることを承認しましょう!

2番目の回答としては、主審の判断です。
擦り傷程度なら問題ないでしょう。でも、切り傷になっていて傷口パックリのような状態で出血が止まらない場合は、止血の手当てが必要ですね。

血が「たらっ」「ぽたっ」といった状態なら、まずはフィールドの外へ。
血がユニフォームに付かないように声掛けしながら誘導してあげると、その後の対処もスムーズです。

Comments are closed.

ユニフォーム
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
kamo
サッカーショップ加茂
UNION
amazon A8
Sports navi
Decathlon
Decathlon/デカトロン日本公式サイト

 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.