2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
ユニフォーム

PostHeaderIcon 投稿名”素人”さんからの質問

投稿名”素人”さんからの質問内容は

オフサイドについて

味方がボールに触れた瞬間にオフサイドポジションにいてそれを受けようと走っていたらプレーに干渉するになる
味方がボールに触れた瞬間にオフサイドポジションにいてそれを受けようと走っている途中相手に当たりそのボールを受けました
この場合私の見解は最初に書いている事だと思うのでプレーに干渉するだと思うのですがどうでしょうか?

その位置にいることで利益を得るは私の見解だとボールと相手の距離が近くないと成立しないと思うのですが、新ルールの意図的にプレーしていると判断されたらオフサイドにならないとあり、結構な距離がないと出来ないと思いプレーに干渉する、あるいは相手に干渉するが当てはまると思うのですがどこの時点でプレーに干渉する、相手に干渉する、その位置にいることで利益を得ると判断していますか?

オフサイドについてなのですがオフサイドになるには①プレーに干渉する②その位置にいるとで利益を得る③相手に干渉すると反則が取られるのですがいつどの理由でオフサイドを取っているのでしょうか?
例 味方が触れた瞬間オフサイドポジションにいます。味方が裏のスペースにボールを出しました。それを受けようと走っていたらこれはプレーに干渉するに該当するのですが味方の触れたボールを受けようと走っていたら相手選手キーパー以外に当たってからボールを受けました。 この場合最初の走っていた時点でプレーに干渉するに該当なのか相手選手に当たったからその位置にいることで利益を得たなのか分かりません。

回答:オフサイドの反則を私の言葉で簡単に説明すると

オフサイドポジションにいる選手が、味方競技者からのボールに触れる、もしくは、触れるために動いて相手競技者のプレーを妨げた時点でオフサイドと判定します。

問合せにありました「味方がボールに触れた瞬間にオフサイドポジションにいてそれを受けようと走っていたら」だけではオフサイドの反則にはなりません。この行為自体は「プレーに干渉する」には当たりません。

そして「途中相手にあたりそのボールを受けました」が新ルールの「意図的にプレー」した結果であれば、これもオフサイドの反則にはなりませんが、「意図的」ではない場合、例えば「近距離で蹴られたボールに反応できずに当たって跳ね返った場合」、意図的と主審が判断しない場合は、このボールをオフサイドポジションにいた味方競技者が触れるとオフサイドとなります。

「その位置にいることで利益を得る」の典型的な例は、直接フリーキックの際に、ゴールーキーパーの前に立っているオフサイドポジションの選手。
キッカーがボールを蹴る際に、ゴールキーパーの動きを妨げる、もしくは視界を妨げるようなプレーをした場合は、ボールに触れていなくても「その位置にいることで利益を得る」でオフサイドと判定されます。
全くゴールに関係のないところのオフサイドポジションに立っている場合は、オフサイドの反則にはなりませんが、ゴールキーパーがセービングしたボールが転がってきて、そのボールに触れた場合はオフサイドになります。

お問合せの回答になっていますでしょうか?
不足している部分は、再度、本投稿に返信いただければと思います。

4 Responses to “投稿名”素人”さんからの質問”

  • 素人 says:

    返答ありがとうございます

    友人に教わったのですが
    オフサイドに関してはプレーに干渉する、その位置にいることで利益を得るはボールに触れるか当たるまではオフサイドは成立しないで前回の例のだと最初プレーに干渉すると当たると思い選手が触れるか当たるまで待っていたら途中で相手選手に当たったのでその位置にいることで利益を得るに当たりそのボールを触れたのでオフサイドになるということで正しいでしょうか?

    • referee says:

      「相手選手に当たった」という部分が「相手競技者の意図的なプレー」と主審が判断すれば、オフサイドポジションにいた選手がその後のボールに触れてもオフサイドの反則にはならないというのが新しいルールです。

      実際のプレーではこの「意図的なプレー」の判断が難しい場合があります。
      相手競技者がパスをカットしようと足を出したとしてもボールには少ししか触れず、ほとんどボールの軌道を変えられずにパスした選手に通った場合は「オフサイド」として良いと2級のインストラクターが説明していました。これは、結果的に「意図したプレーになっていない」からです。
      しかし、結果的に「意図したプレーになっていない」からといって全てがオフサイドではありません。
      相手競技者がパスをカットしようと足を出し、大きく軌道が変わった先に別のオフサイドポジションにいた味方競技者がボールを触った場合は「意図的なプレー」と判断しオフサイドにはなりません。
      これを試合中に瞬時に判断しないといけませんので、日ごろからのイメージトレーニングと経験が必要になりますね。

      • 素人 says:

        すいません。言葉足らずでした。
        時系列で考えると初めプレーに干渉するに該当すると判断してボールに触れるまで待っていたら途中相手選手に当たったことでプレーに干渉するはボールに触れていないので該当しなくなりその位置にいることで利益を得るに該当が変わり相手選手が意図的にプレーしていないと判断してそのボールを触れたのでその位置にいることで利益を得たでオフサイドと判定されるということですね。

        • referee says:

          気になる点が一つ、ただ待っていたとしても
          「途中相手選手に当たったことでプレーに干渉するはボールに触れていないので該当しなくなり」
          という点ですが、ボールに触れていなくても相手選手のプレーを妨げたり、相手選手にチャレンジしたりしていたら
          つまり、その位置にいることで相手選手のプレーに影響をしている場合はオフサイドになりますので注意が必要です。

          それから、あらためて サッカー競技規則2017/18 を見てみると91頁ですが、
          「プレーに干渉する」という表現がなくなっており、「妨害する」とか「妨げる」「挑む」などの表記で、より具体的に記載されていますので、今一度読み込んでおいた方が良いですね。
          私の表現も既に古い競技規則の表現になっていますね。

Leave a Reply

kamo
NIKE スパイク&シューズ【サッカーショップKAMO】 アディダス スパイク&シューズ【サッカーショップKAMO】 Jリーグ【サッカーショップKAMO】
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
amazon A8
Sports navi
google


UNION

 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.