2017年6月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
アーカイブ
google

PostHeaderIcon U12公式戦で主審1回


今シーズン外サッカー最後となる公式戦でU12で初の主審を経験しました。

やはり副審やるよりプレッシャーは半端ではありませんでしたね。
失敗ばかりでした。

最初のミスは試合時間の間違い。

帯同チームは予選リーグ1位通過で決勝トーナメント進出のため、
試合時間は 20-3-20 (試合時間20分、ハーフタイム3分)

主審を行ったのは予選リーグ2位通過のトーナメントで
なんと試合時間は 15-3-15 (確認不足でした)

時計のタイマーは20分のままで試合開始。

前半がスムーズに進んで行く中で、副審が時計を見ての合図。

時計を見ると15分40秒ほどを指している。
確かトーナメント表に15分という試合時間の表示があった事に気が付き、もしかして試合時間は15分なのか?
もう一回副審みると、やはり時計を見ろの合図。

「ピッ、ピー」 ちょっと長めの前半終了(汗)

これがミスの始まり、この時点で余裕が無くなり既に気持ちが一杯一杯になってしまった感じでした。

後半開始、選手が交錯して後ろから両手で押すような形で倒れこんだ!
「ピー」
私のジャッジでは攻撃側のファウル、しかし、副審は守備側のファウルだと合図。
普段なら、そのまま攻撃側のファイルを押し通すところですが、副審は同じチームの3級審判で反対を指示している。
変えるしかないか!守備側のファイルとしてゴールに向かっての直接フリーキックに変更。
(主審が変更したらダメというポリシーを貫けませんでした。泣)
選手にジャッジ反対だったことを告げてFKを合図しました。

微妙な距離でのFKでしたが得点に至らず、問題にはなりませんでした。
特にブーイングも無く試合続行。

「ピッ、ピッ、ピーー」試合終了 0-0 PK戦へ。

またもや心配していた主審初のPK戦です。

試合前にPK戦になった場合の流れを自信が無いので同チームの3級審判に質問しておいたので、
とりあえずはPK戦まで無事に進めることができました。

ところが最後の最後にトラブルが・・・・!

先行の4人成功、後攻の4人目が失敗。
先行の5人目成功。

この時点で勝敗確定なので、「試合終了」と思ったのですが、選手も副審も誰も勝敗がついたリアクションが無い。
勝ったチームでさえ、まだ喜んでいない。
「なぜ」
ちょっと不安に思いながら試合終了の笛「ピッピーー」
ハーフラインに戻っていくも負けたチームの選手たちが口々に「5人目蹴ってないよ」「5人目まだだよ」
と納得いっていない様子。

あれ、カウント間違えたかな?と不安に思うぐらいの態度だったので、再度スコアカードを見るも間違い無い。
「4人目失敗したから5人目蹴らなくても勝敗ついたんだよ」
同じセリフ3回くらい言って、やっとハーフラインに整列。
なんかしっくりこない終わり方。
副審の二人はスコア付けていなかったので第4審判にスコア再確認。
「間違ってないですよね、PKの結果」
第4審判から
「間違って無いですよ」
ここで、ようやく一安心。

初のU12公式戦主審が終了。

やっぱり主審は難しいと思う1日でした。

チームも結果4位と結果を残せず残念。
苦い外サッカー最後の大会となってしまいました。

Comments are closed.

ユニフォーム
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
kamo
サッカーショップ加茂
UNION
amazon A8
Sports navi
Decathlon
Decathlon/デカトロン日本公式サイト

 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.