2017年9月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ

PostHeaderIcon 久々の審判です 主審1(1審制)

今シーズン最初の4年生の交流戦がありました。
大会形式でトロフィーも用意されていました。

審判は1審制。割当ては1試合のみ。
1審制はオフサイドが取りづらいのであまり好きではありませんが8人制サッカーでは良くありますね。

3級昇級試験を念頭に、次のことを意識しました。
1.走力確認も兼ねていつも以上にしっかり走ること。
  1審制ですが対角線審判法を実践し、プレーの展開を予測して移動する。
2.オフサイドを見逃さないこと。
  周りの選手の動きを良く見て1審制だからとオフサイドを許さないこと。
  明かなオフサイドでも見逃してしまう審判が多いので1審制は選手達が可哀そう!
3.ファウル基準の確認。
  躊躇なくファウルに対し笛を吹けるか、基準がブレてないかを確認する。

試合後に、最初の2つは、問題無くできたと思いましたが
ファイル基準の視点で1個、ハンドを取った方が良いシーンがありました。

それは、振り返り様に選手の体から水平に伸びた腕にボールが当たり方向が変わったプレー。

手や腕に当たってもノーファウルなのは、たとえば、
顔や体に向かって飛んできたボールを咄嗟に払い除けた場合や、蹴られたボールに対してその方向に動いていない腕や手に当たった場合です。(簡単に言うとですが・・・・)

今回の場合、ルーズボールを追いかけていた選手が、ボールを奪い合う中で出てきたボールに対して体を向けた際に横に広げていた腕に当たった様なプレーだったので、後から考えるとハンドのファウルを取るべきだったと思います。

そのプレーの瞬間は、ボールに対して動いた訳ではないという視点でノーファウルと判断しましたが、腕が体から離れていた場合は、ファウルを取るべきです。

極端な例で説明すると、
守備側の選手が攻撃側の選手の前で腕を広げてボールを取りに行って、攻撃側の選手が味方にパスをするため蹴ったボールの先に守備側の選手の広げた腕があったらハンドのファウルですよね。ボールが蹴られた瞬間にボールの方向に動いてなくて、手を引っ込めようとしていたとしてもです。(バスケじゃないので、手を広げて守る選手はあまりいませんが・・・低学年の選手ではたまに見かけます)

少年サッカーでは、ハンドなのかノーファウルなのかという状況は良く見かけます。

ファウル基準がぶれないように今後注意して、一瞬の判断を間違えないようにしたいです。

Comments are closed.

ユニフォーム
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
kamo
サッカーショップ加茂
UNION
amazon A8
Sports navi
Decathlon
Decathlon/デカトロン日本公式サイト
google


 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.