2017年6月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
アーカイブ
google

PostHeaderIcon フットサル 綺麗なシグナル


フットサルの主審・第2審判のシグナルについて、
よりスマートに確実に行うポイントを2つ
記載します。

女子リーグのランニングタイムでの試合で主審x2実施した際に、
2級審判の方がらアドバイスを頂きました。
記念すべき初めての3級としての主審でした。

1. GKの4秒超の時の間接FK

GKはゴールクリアランスの時、4秒以内にスローインしなければなりません。
4秒を超えてボールを保持した場合は、相手チームの間接FKになります。
FKはファールのあった場所に一番近いペナルティーエリアライン上となります。
この時、守備側の選手が5m以上ボールから離れる必要があります。

ボールからの距離が近い場合、守備側の選手たちを下げる動作をします。
通常であれば、歩幅を利用しますが、この場合は歩幅で下げるのでは無く、
ラインを利用します。
ペナルティエリアラインはゴールポストから6mで引いてあります。
つまり、ボールの位置がペナルティエリアライン上であれば、
5mの位置はゴールラインより1mとなります。

FKのボールを置く位置を示したら、ゴールラインから1mのところへ移動し
守備側選手たちの壁の位置を示すとスムーズに綺麗な動作で進めることが出来ます。

フットサルでは第2ペナルティーマークやコナーアークから5mのマークなど
利用できるラインが沢山あるので、規定の距離を覚えることで、他で起きたFKも同様に
歩幅ではなくラインを利用して実施できます。
上級目指す方は積極的に活用しましょう!

2. 4秒カウントは外側の手で行う

競技規則には記載がありませんが、4秒カウントはピッチに対してプレーの外側の手で
行うと、腕が邪魔をしてプレーが見えないという事が起きません。
4秒カウントは選手のいない方の手でカウントするようにしましょう!
いつもやりやすい方の手で、例えば右手だけで全てカウントしていませんか?

右側で選手がキックインしようとしている時は、左手でカウントすることで
自分の腕との死角で次のプレーが見えないという事にならないように注意すると、
競技規則には記載されていませんがプレーに対し外側の手でシグナルをすることが
必然となるはずです。

この2点はフットサルの審判をやる時にスムーズにできるよう練習しましょう!

Comments are closed.

ユニフォーム
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
kamo
サッカーショップ加茂
UNION
amazon A8
Sports navi
Decathlon
Decathlon/デカトロン日本公式サイト

 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.