2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
ユニフォーム

PostHeaderIcon フットサル審判の基本を再確認

新規でフットサル4級を取得したお父さん達と一緒に、練習試合での実践練習をしました。
3級審判が2名、他4名新規4級といったメンバー。
主審を3級審判が担当し、第2審判を新規のお父さん達に!
そこで気づいたポイントを再確認のため記載します。

point 1 「審判のシグナル」

ボールがタッチラインを完全に出たら、
その場で次に攻める方向をシグナルします。
出た場所に行ってからシグナルではありません。
選手や審判に対し、次に攻める方向を合図するのが先
対面審判は攻める方向を確認し速やかに次の争点側へ移動。
シグナルと同時に機械的に行動します)

point 2 「審判の立ち位置」

キックイン、コーナーキック、ゴールクリアランス
この3つの審判の立ち位置は明確に覚えましょう

キックインの時は、
4秒カウントする側の審判は選手の5m位後方でタッチライン沿、
反対側の審判は攻める側10m位先の争点に移動。

コナーキックの時は、
4秒カウントする側の審判は選手から5m位タッチライン沿に離れる。
反対側の審判はゴールライン上を確認できる位置。

ゴールクリアランスの時は、
4秒カウントする側はペナルティーエリアの上限横。
反対側はハーフウェーライン横。
(4種は超えると間接FKのため)

point 3 「4秒カウントはグーから」

4秒カウントをするために挙げた手は「グー」からカウントです。
1本指を最初からあげてスタートする人がいますので要注意。
0,1,2,3,4

point 4 「カウント4はファウルです」

4秒カウントしている手が4秒示したらファウル確定ですので笛を吹きましょう!
手で4秒示しているのに躊躇している審判が結構いますが、躊躇するならカウント3までです。
4秒はファウルを意味しています。

point 5 「再開方法」

4秒カウントのファウルで多いパターン3つの
再開方法を覚えて積極的にファウルを取りましょう!

  1. キックインは、相手ボールのキックインで再開。
  2. コーナーキックは、相手チームのゴールクリアランスで再開。
  3. ゴールクリアランスは、相手チームの間接フリーキックで再開。

新規で4級取得した審判の方は、これら5つのポイントを実践して頂ければ良いと思います。
審判は、まずは実践経験あるのみです。
上級審判の方が主審をしていてくれれば間違いも修正してくれますので、積極的に笛を吹けるようになりましょう!
頑張れお父さん4級審判!

Comments are closed.

kamo
NIKE スパイク&シューズ【サッカーショップKAMO】 アディダス スパイク&シューズ【サッカーショップKAMO】 Jリーグ【サッカーショップKAMO】
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
amazon A8
Sports navi
google


UNION

 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.