2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
ユニフォーム

PostHeaderIcon オフサイド適用の誤解釈に注意

いよいよ北海道もサッカーシーズン到来!

サッカーの交流試合も始まりました。
今年も沢山、選手達と一緒に走りますよ・・・・!

先日、練習試合で幻のゴールというシーンがありました。

攻撃側選手がゴールエリア手前でシュート、GKの手にあたりナイスセーブ!
こぼれたボールのところにFWの選手が居てシュート、ゴール!!!!!
歓喜に沸くが「ピー」審判からの笛、手が上に伸びています。
オフサイドの判定でノーゴール。

その後、別な審判の方から
「さっきのオフサイドですが、新解釈ではオフサイドにならないのでは?」
との質問がありました。

どうして、そう思ったか聞いてみると
「守備側の選手が、さっきの場合はGKが意図的にプレーに関与して、その先にいたFWにボールが渡ったためなので」
との事。

んーーオシイ!
確かに
オフサイドポジションにいる味方選手にパスしたボールを相手選手が意図的にプレーした結果が味方選手に渡った場合は、オフサイドポジションに最初から居たとしても新解釈ではオフサイドにはなりません。

しかし、先の試合の場合は、「シュート」なのでGKのプレーは「セービング」です。
したがって、ガイドラインにある
「その位置にいることによって利益を得る」の説明における
該当しないケースの説明の中で「意図的なセーブは除く」が適用され、
GKのセーブ該当しないケースの対象外となり、オフサイド適用となります。

新解釈は、あまり難しく考えず。
今までオフサイドだったものは、大体オフサイドですので、良く理解して共有していきましょう!

2 Responses to “オフサイド適用の誤解釈に注意”

  • 名無しさん says:

    いつも勉強させていただいております。
    こういったサイトはお父さん審判には大変助かっておりありがとうございます。

    該当しない「意図的なセーブを除く」というをガイドラインを見つけることがてきませんでした・・

    よろしければガイドラインのurlとページ数を教えて頂けると大変ありがたいです。

    • referee says:

      少しでもお役に立てれば幸いです。

      「意図的なセーブを除く」の表記は競技規則2014/2015のP108最後から3行目です。
      ここでいうガイドラインとは、競技規則2014/2015P61以降の
      「競技規則の解釈と審判員のためのガイドライン」を指してします。

kamo
NIKE スパイク&シューズ【サッカーショップKAMO】 アディダス スパイク&シューズ【サッカーショップKAMO】 Jリーグ【サッカーショップKAMO】
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
amazon A8
Sports navi
google


UNION

 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.