2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
アーカイブ
google

PostHeaderIcon 主審が副審に期待するのは何か


競技規則にある役割の話ではなく、4種などでの実際の試合での話です。
想定している状況は、ある程度経験のある主審と今年4級をとったばかりの副審2人が担当する試合です。

結論は、ボールが出たか出ていないかとオフサイドライン
どうしても真横から見ていないと正確に判断できないこの2点を特に期待しています。

私が4級とりたての頃の副審の時、
オフサイドラインとタッチラインの監視だけでも最初はテンパってしまいがちでした。

ボールがラインを越えた時に最後に触った選手は判っていても、あせって間違った再開方向に上げてしまう事も多々ありました。
何試合もやった後だったり、前後半でサイドチェンジした後など。

この時の心境として、
副審の役割はどの選手が最後に触ったか見極め再開方向をフラッグで示すこと。
それが副審の重要な役割であり存在価値であると思っていたからです。

勿論、間違ってはいませんが初心者にそこまでのことは出来ません。
最初は、もっとシンプルに出たか出ないかだけを示せば良いと思います。

再開の方向が明かであれば旗を斜めに「バッ!」と上げれば良いですし、
迷いがあれば真上に「バッ!」と上げて主審を見る。
主審に合わせて旗をゆっくり倒せば良いのです。

この位の気持ちで副審をはじめると冷静に試合を監視でき、正しい判断ができると思います。
主審もその方が間違った方向に旗を出されるより試合をコントロールし易いですし・・・・。

試合が始まる前に少しだけ審判団として挨拶程度に話をする機会があると思いますが、
特に主審から一言もない場合は
「初心者なので迷った時は真上にフラッグ上げますので方向の指示をお願いします」
くらいの先制攻撃してもOKだと思います。

あとはオフサイドラインキープですが、これについては、また後日。

Comments are closed.

ユニフォーム
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
kamo
サッカーショップ加茂
UNION
amazon A8
Sports navi
Decathlon
Decathlon/デカトロン日本公式サイト

 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.