2017年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
google

PostHeaderIcon 主審が副審に期待するのは何か  続


前回の記事

主審が副審に期待するのは何かという事で、前回の記事では、
ボールがタッチラインを出たか出ていないか

そして、もう一つがオフサイドのフラッグです。
副審をやるからには格好良くオフサイドフラッグを上げたいと思うのが最初の目標ではないでしょうか?
(私の最初の目標でした・・・・笑)

選手がオフサイドポジションにいることは、ファールではありません。
オフサイドポジションの選手に対して、ボールを蹴った(パスした)だけではオフサイドのファールにはなりません。
どのようなケースがオフサイドになるのかは、上級審判でも判断が難しいケースが多々あり物議を呼ぶ場合があります。
経験者でも難しい判断を初心者の審判に最初から求めるのは無理があります。

そこで、主審が審判初心者の副審に期待するのは何か
選手二人目のオフサイドラインのキープです。
そして、明らかにオフサイドポジションにいる選手にパスが出て、その選手がボールに触ることが明確になった瞬間にはフラッグアップです。

あとは主審に任せましょう!

副審をしているあなたと主審の目が何度も会う場合は、主審もオフサイドラインを気にしている証拠です。
あなたがこのプレーはオフサイドと思った瞬間があれば旗を上げましょう!
その時、もし主審が旗を下げるように合図したら下げれば良いのです。
オフサイドの判断は主審が最終的に判断しますので、迷う時は何もしなくてOKです。

副審をしていてオフサイドかどうかの判断に迷っている時に、主審が「ピーツ」と片手を上げて笛を吹いたら、
あなたも間髪入れずにフラッグアップしましょう!
しかし、準備が出来ていない状態で、訳もわからずフラッグアップするのは止めましょうね。

初心者にありがちな注意点
オフサイドは、パスした瞬間に選手がオフサイドポジションにいることが重要です。
パスした瞬間に、その先を見たら選手がオフサイドポジションに居たは、オフサイドではありません。
パスしてから見たのでは遅いという事を理解してください。

オフサイドラインをキープし、選手の飛び出しが無いかを監視しつつ、パスが出た瞬間を判断するのです。

タッチライン沿いでの攻防と逆サイド側の選手といったケースでは、同時に視界に入れることは無理のように思いますが、プレーの流れを考えながら少し顔を振って、今パス出したらオフサイドという瞬間を心でつぶやきながら監視し、その声とキックが重なったら、ボールの行方を見て、オフサイドポジションの選手にパスが通ったらフラッグアップです。

思い通りのフラッグアップが出来る様になったら楽しいですよ!
ちょっとした快感でもあります。

間違っても良いので、たくさん経験してください。
失敗は主審がなんとかしてくれます。
そして、思い通りのフラッグアップが出来る様になったら、いよいよあなたも主審デビューです!

Comments are closed.

ユニフォーム
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
kamo
サッカーショップ加茂
UNION
amazon A8
Sports navi
Decathlon
Decathlon/デカトロン日本公式サイト

 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.