2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
アーカイブ
google

PostHeaderIcon PK戦におけるキックフェイント


試合中に気になったPK戦におけるキックフェイント時の審判としての対応方法について

ペナルティーキックでのキックフェイントはイエローカード!
これについては競技規則のガイドラインに明記されています。
では、PK戦になった時のキックフェイントはどのように対応すれば良いのか?
ここで復習。

まず通称で言うPK戦とは、
競技規則より

試合が引き分けに終わったのち、勝者となるチームを決めることが競技会規定によって要求されているときに勝者を決定する方法

の一つの方法で

ペナルティーマークからのキック

の事を言います。

つぎに、キックフェイントとは、
競技規則の解釈と審判員のためのガイドラインより

相手競技者を混乱させるために、ペナルティーキックの助走中にフェイントすることはサッカーの一部であり、認められる。しかしながら、競技者が一旦助走を完了した後にボールをけるフェイントについては、第14 条に違反するとみなされ、それを行った競技者は反スポーツ的行為により警告されなければならない。

という反スポの違反で

競技規則 第14条 ペナルティキック 違反と罰則

主審がペナルティーキックを行う合図をして、ボールがインプレーになる前に、次の状況のひとつが起きた場合
ペナルティーキックを行う競技者が競技規則に違反する

に該当しイエローカードです。

ここで競技規則では、
ペナルティキック

ペナルティーマークからのキック
は区別して表記されています。
つまり別な行為。
そして、キックフェイントについてはペナルティーキックの項目にしか表記がありません。
そうすると、同じようにペナルティーマークからキックする違反について明記の無い
PK戦の時のキックフェイントはどのように対応すれば良いのか?
という疑問が生じませんか?

回答の一つを見つけました!

千葉県サッカー協会から通達で
U12全日本少年サッカー大会の地区予選における対応として、

PK戦でもキックフェイントは反スポーツ的行為として警告

千葉県サッカー協会の通達(PDF)

PKもPK戦も、助走完了前のフェイントはプレーの一つとして認められますが、
助走完了後のキックフェイントはゴールキーパーを欺く反スポーツ的行為として警告
となります。

大事な試合で間違わないように、子供達にも教えておきましょう!

Comments are closed.

ユニフォーム
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
kamo
サッカーショップ加茂
UNION
amazon A8
Sports navi
Decathlon
Decathlon/デカトロン日本公式サイト

 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.