2017年7月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
アーカイブ
google

PostHeaderIcon U12練習試合で主審1回、副審4回

昨日は5、6年生が交互に15分1本で各学年6試合の交流戦がありました。
3審制。帯同審判は4人。
私は副審2回やって主審1回、次の1回休んで副審2回やりました。計5回。

反省1個目。
副審の時に反対側のコーナー付近で、ゴールライン際でボールがラインを越えてプレーが続行したのでフラッグを上げましたが、主審に気付いてもらえず。・・・・。
静かにフラッグを下げました。(もっとアピールしても良かったかな)
もっと、音を「バサッ」と上げないと駄目でした。

反省2個目。
タッチラインの副審側での攻防の時、ワンタッチで守備側のボールに対して、フラッグをそのまま上げましたが、主審は反対方向を指していました。
選手達が私のフラッグを見て試合続行しようとしていたため、主審が手を下すことに。
ごめんなさい。
主審に合わせてあげないとね!
でも目の前だったから・・・許して。

他のチームで試合中に起きた審判事例で、
オフサイドによる守備側ペナルティーエリア内からの間接フリーキックの時、キッカーがゴールキーパーにショットパスしました。
帯同の3級審判の人から、「今のダメじゃない?」の一言。
私は最初何がダメなのか判りませんでしたが、あとから教えてもらいました。
ペナルティーエリアからの守備側のフリーキックは、直接・間接を問わずペナルティーエリアをボールが出ないとインプレーにならないので、この場合は、フリーキックのやり直しが正しい再開方法でした。ゴールキックと同じってことですね。
皆さん覚えておきましょう!

Comments are closed.

ユニフォーム
asics
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
mizuno
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
kamo
サッカーショップ加茂
UNION
amazon A8
Sports navi
Decathlon
Decathlon/デカトロン日本公式サイト

 © 2010 - 2017 少年サッカー審判ビギナーズ All rights reserved.